ぽぼンデブログ

体験談を元に、心の病から立ち直る方法や恋活成功のための情報提供を目指すサイトです。

 
ーおすすめ記事ー

【アプリ】告白で直面しがちなこと•対策すること【準備】

f:id:pobonde:20200524204635p:image

告白をするなら何か対策しておくべきかな?

非モテ民であれば、色々と不安に思うことがあると思います。

 

異性との関係を進めるための告白は、一般的にノープランでできるものではありませんよね。

予めやっておくべきことをいい加減にして本番に臨むと、本来ならしなくてよい失敗をしかねないです。

本記事は私自身の失敗談と成功例を元に構築しています。

今回の内容を確認して準備を整え、告白の成功確率を上げていきましょう。

 

<<このサイトを運営している人>>
約3年のマッチングアプリ利用歴アリの30代サラリーマンpobondeです。

非モテ系として25年生活してきた経歴があり、そこから恋人を作るために本気の活動をしました。失敗を繰り返し、不器用ながらも成功に繋げてきた恋活体験談を土台に役立つ非モテ向け情報を当サイトにてお伝えします。

 

 

タイミングはいつがベストか

他の記事でもお伝えしてきていることですが、やはり3回目のデートが告白のベストタイミングです。

例えば2回目だと女性側からしても早過ぎるし、脈アリかどうかの見極めも厳しいものがあります。

そして5回目がギリギリ滑り込めるラインであり、なるべくそこまでには行動を起こしておきたいですね。

逆に女性から見た場合の話で言えば、5回目のデートで進展がないなら、まずその先はないと言っていいぐらいでしょう。

共通して言えることは、脈アリなら早めにお互い行動していくはずだということです。

具体的な時間と場所を想定する

シチュエーションを明確にイメージしておかないとグダグダになったりタイミングを逃してしまいます。

なんとなく行けそうな時にでもやればいいや、と思っていると割と失敗するんですよね。

モテ系として生きてきたなら別でしょうが、意外とタイミングがなくて帰るギリギリまで言い出せなくて変な状況で話し出すみたいなことになりかねないのです。

また、そういう話はなるべく他人が近くにいない状況でしたいものじゃないでしょうか。

前もって、ゆっくり横並びで座って会話ができる場所を見つけておくことが大事です。

そして、お店選びでも重要なことですが、なるべく行き慣れている場所でベストスポットを見つけておくと良いですね。

歩きながら話し出して微妙な雰囲気になってしまう間抜けは私だけで充分です(笑)

何時の時点でどこの場所に着いておかねばならないかを考え、そこに自然に向かえるように時間を逆算し、当日のプランを練っておきましょう。

失敗してもいい、という精神が必要

何度会うことができていても、上手くいくとは限りません。

勿論手間をかけて準備はしっかり行わなければならないのですが、その一点に集中してしまうと成就しなかった時のダメージが大きくなります。

特にマッチングアプリを使っていれば高い競争率の中で闘わなければいけないこともあるので、あまり熱を入れ過ぎないことですね。

そして、失敗しちゃダメだと思うと必要以上に緊張することにもなるので、『ダメで元々』という心境で話をしていく方がリラックスできますし、逆にそうしておくと比較的良い結果が得られがちですね。

(だからこそ"複数のカードを握っておくこと"が前提の活動になっているわけです。)

また、告白のシチュエーションにたどり着くまでにずっと緊張していると会話も盛り上がらず、相手も楽しく過ごせないかもしれません。

イメージトレーニングをしておくのは大切ですがそれは前日までに済ませておき、当日は相手を楽しませることに力を注ぎましょう。

緊張する状況で上手く話すには

リラックスを心掛けはするものの、多少の緊張はやっぱりあります。

企業への就職面接でも同じことが言えるわけですが、緊張する中でも上手に想いを伝えていくためにはキーワードを頭に入れて望むのが吉です。

言いたいことを完璧に覚えてそのまま話していこうてしても、緊張も相まっていきなり頭が真っ白になったりするものです。

記憶通りに喋ろうとするとどこかでつっかえた時にそこで修正できなくなるんですね。

だから重要なキーワードだけをすぐにイメージできるようにしておいて、あとはその場で文章を組み立てるわけです。

だいたいの流れさえ予め考えておき、何点かのキーワードをいつでも出せるように準備したならばあとは本番の自分を信じていけばOKですね。

また、緊張も全くしないと印象が逆に悪くなることもある(変に慣れすぎている感)ので、ほどほどの緊張はあっていいと考えていきましょう。

保留が長いほど告白OKの返事を貰うのは厳しい

3回会うことができていれば、女性も告白されるかもと思っているものですし、余程当日にマイナス点を稼いでない限りはその場で振られるということは考えにくいでしょう。

その場で良い返事を貰える場合もありますしそうなれば話が早いですが、返事は保留となることも割とあります。

そうなった場合、OKの返答が来るとすればかかる期間は2週間程度と考えるべきでしょう

それ以上かかってしまうと、『決め手に欠ける』等様々な理由をつけられ振られる可能性大です。

私の場合でも保留になっても2週間以内で返事が来た時は成功し、1ヶ月近く保留が続いた時は残念な結果に終わっている経験があります。

早い段階で返事が来なければ、別のチャンスをモノにできるように動いておく方が良いでしょうね。

プレゼントは有効か?

端的に言って、告白でプレゼント作戦は全くオススメできません

カバンやアクセサリーといったそれなりに高いものなら尚更ですね。

物で釣っているような印象が出ますし、「重い」と思われてしまうマイナス面もあります。

人によってはプレゼントを喜び、『自分は貢がれて当たり前だ』と内心考えている方もいるでしょうが、そういう女性は付き合ったとしてもろくなことにならないので相手にしないでおきましょう。

プレゼントで相手を驚かせたりするのは付き合ってからで充分と考えてまず問題ないですね。

 

今回の記事は以上です。ご覧いただきありがとうございました!

彼女いない歴=年齢の非モテが恋人を作る方法と手順【邪道】

f:id:pobonde:20200216133622j:image

『学生時代モテず彼女がいたことありません。』

もしくは

『恋愛経験値が少ししかなく日照り続き』

という人向けに今回の記事を用意しました。

そうした人が抱えるこれからどうにかして恋人作りたいけど実際どうしたらいい??という悩みや疑問に対して1つの手段を提案しているのが本記事であり、こちらを読むことで今後の活動のヒントにしてもらえればと思っています。

 

 

恋人いない歴=年齢にありがちな特徴

最初にですが、モテない歴長めの人の特徴を挙げてみると…

 

  • 付き合うシチュエーションや相手のスペックに高望みをしている
  • 無駄にプライドが高く傷付きたくない
  • 面倒臭くて行動に移さない
  • 努力をしたくない
  • ケチでなるべく金を使いたくない
  • 恥ずかしがり
  • 気配りができない


こうなるんじゃないでしょうか。では、それを逆にすると…

 

  • 身の丈に合った活動をする
  • プライドや恥を捨てる
  • 先を見据えガンガン行動する
  • 必要に応じて自分をグレードアップする
  • 必要なお金はガツンと使っていく


こうなってきます。ということは、後に挙げた方をより多く実践することで成果は出てくるはずですよね。

ありがちなパターンの1つとしては「恋人は欲しいとは言っても努力したり慣れないことやるの面倒くさい」ということがありますが、昔の私のように言って先延ばしにしていると、後で後悔してしまうんですよね。(笑)

私の場合は、昔からずっとモテない無個性フツメン君でした。それが色々と拗らせて社会人になってしばらく経つまで付き合ったことない歴=年齢の絶食系として生活してきていました。そこから、恋活パーティやマッチングアプリを活用することによってそれまでとは比較にならない出会いを得て、彼女を作ることに成功してきました。

 

今回推奨の恋人作り手順

私がご提案するやり方の簡単な手順としては、

  1. 見た目と内面の底上げ
  2. オフ会やパーティ参加でメンタルを鍛える
  3. アプリも使って本気で活動する

という感じになります。各項目についてをこれからお話ししていきます。


ちなみに、何故パーティやマッチングアプリが良いのかということですが、それはやり方次第で沢山の異性と会って食事したり遊んだりができるからです。
勿論、合コン参加もアリだし、友人の紹介もあるならそれもアリです。が、思っている以上にそれらは収穫の期待ができないです。何故なら、そちらではモテない系代表者の私が全く結果を出せなかったからですね。(笑)

 

見た目と内面の底上げ

  〈見た目〉

恋活に際し元々の顔の良し悪しはそれほど関係ないものです。が、出会いを求めていくためには、当然ながらある程度は見た目に気を遣うことが求められます。

(かと言って高い服を買って過度に気合い入れてお洒落してもあまり意味はないのですが)

よく言われる清潔感だったり、パッと見の体型だったり、年齢相応の格好をすることだったり、一緒に歩いていて恥ずかしくない最低限の水準はクリアしていないとお話になりません。まず、基礎を築いておくことが最初にやるべきことです。

このあたりついては、自分の場合に当てはめてみたらいいと思います。

 

例えば、隣に一緒になって歩いている女性が髪ボサボサで異臭がしてロリ系の服なのにマツ○デラックス級の体型をしていていたとしたら… どうでしょうか?

 

…他人のふりをしたくなりますよね。これはかなり極端な例ですが(笑)

ただ女性は細かいところまで気付ける人が多いので男性が考えている以上には気をつけておかないといけない部分が多々あります。他人から見たら(不潔・・・)と思われてしまったりがあり得ますよね。

 

気にするべきことを羅列するとこんな感じでしょう。

  • 頭髪
  • 体型
  • 匂い
  • 顔の状態(眉毛や髭や肌)
  • 服装(上着〜靴)
  • アクセサリー系
  • 財布
  • 携帯
  • 立ち振る舞い

 

客観的に見て上記の項目において不快感を与えないということをクリアできているか常に確認しなければなりません。もし明らかにアウトな部分があるならば、改善することが最優先ですね。特に匂いについては客観視することが難しいので、誰かに指摘してもらうべき点でしょう。

 

  〈内面〉

見た目云々だけでなく、女性である相手を気遣う意識の持ち方も必要とあらば変えていかなければなりません。

例えば、こういうことですね。

  • 女性が安心して自分と会える状況を作る
  • デートで女性に負担がかからないようにする
  • 選択肢を提示してあげた上で選択権を与える
  • なるべく相手の都合に合わせていく
  • トークでは前向きな考え方をする
  • つまらない自慢話や下ネタ話はしない
  • 女性との一定の距離間を置いておく

 

興味を引こうと思って自慢話ばかりしてる人や、モテない癖に下劣なことばかり考えているだけの人は特に成功しません。

自然と相手を思いやって動くことができるようになれば相手も思いやりで返してくれるはずなので、日頃から沢山の配慮をする練習をしておきましょう。

恋活をするにあたり必要となる見た目ラインとマインドについては、また別の記事で書いていきたいと思います。

 

場数をこなしメンタル強化


モテない系にありがちな特性として、恥をかくのが怖いということがあります。私もそうでした。しかしそこからの脱却がなければ収穫は得られません。
そこで最大級の特効薬として提案したいのが、パーティに参加してみることです。
もし行ってみるなら、モテない歴何年となれば性格としては内向的だとは思いますので、友達と2人で参加してみるべきだと思います。
一緒に行ける友達がもしろくにいないなら、そういうパーティ内で男1人で来てる人に話しかけてみて仲間にしちゃってもいいんじゃないでしょうか。
彼女作りをするなら失敗して恥をかいたり、拒絶されて傷ついたり緊張したりは当たり前にあることですし、強いメンタルが必要になります。

 

一般的に、自分を否定されることは嫌ですよね。 でも、女性はほとんどの男性を不快に感じたりマイナスに捉えるものだそうです。早い段階で見切りをつけられることが大半なんだと理解することによって、いちいち落ち込むことをなくせます。

そういう意識でいれば素っ気ない態度を取られたりフられたりLINEをブロックされたとしてもあまり気にしないメンタルを保ち続けることができるはずです。

そうした慣れを得るために場数を踏むにはパーティ参加はうってつけだと思います。私も経験不足だったので実際そうしました。普段の生活ではあまり多くの異性としゃべる機会もなかったりしますし、何もしなければ慣れから遠のく一方ですからね。色々参加してみて、話が合った人と食事に行き、兎に角それまで足りてなかった経験を補うため私は行動しました。それにより恥をかくことに良い意味で慣れましたね。

 

もしも実際に行動を起こして参加してみたいとなったら、以下のサイトで申し込みすることをお勧めします。私も長期間にわたってお世話になっており、頻繁にチェックしていましたし、それが恋人を作ることに繋がりました。どれが良いかの見極めは必要になりますが、パーティ探しとして非常に便利です。新たな試みも行われていたり、色々な企画がありますので見てみるだけでも楽しかったりします。

参加チケット購入_趣味コン

 

  アプリを利用して本気で活動する

パーティ参加をすることによっても勿論、沢山の異性との出会いに繋げられる可能性があります。ですが第三段階目としてマッチングアプリの類を利用することを主軸としていけば更なる出会いを量産することも可能です。

そもそも非モテが恋人づくりをするにあたり何が特に必要になるかということですが、

それは様々な異性と知り合う機会を激増させることです

社会人の出会いは少ないですから普通なら難しいですが、母数を増やす作業はモテない系にとって欠かせないことであり、常に増やしていくぐらいでないとすぐ行き詰まります。 

アプリを有効利用していくにあたっては一定の課金は必須になってきますが、非モテが逆転一発満塁ホームランをかましていくためには最高の道具だと思います。

ただし最初からアプリで活動していくのは少々難しく、先に足元を固めて、ネットでなく現実世界で自分の最高の状態を出せるようになってからアプリを使い出した方が効果的だと思いますので、しっかり段階を踏んでからアプリメインの動き方をすることをお勧めします。

 以下では、マッチングアプリを使った恋活を実際にどうやって進めていけばいいかをまとめたコンテンツと、6種類のアプリを使ってみた比較記事を設けております。

是非こちらも参考にして下さい。

 

 

 

今回の記事はここまでにしたいと思います。ご覧いただきありがとうございました!

【モテない】ダメメンでも4ヶ月間で14人ペースで会う方法【諦めた】

f:id:pobonde:20200229141239p:image

マッチングアプリを使ってみると、大多数の人は色々試してみて要領がわかれば出会いを増やすことができるはずです。

しかし慣れないまま始めてもそれまでに時間がかかってしまうので、今回の内容を読みアプリを早い段階から有効に使っていきましょう。

 

はじめに

 

タイトルで申し上げている人数の14人ですが、本記事のやり方を実践することでマッチングアプリへの有料会員登録の再登録を新規で行ってから4ヶ月の間で新しく私が会うまでに至った人数です。

複数回会って遊んだ人達もいるのでほとんどの土日は予定が埋まる形になっていました。相手側についてはなんでもござれで探していたわけでもなく、直にお会いして実物を見ても良い方のルックスをしていている人が多かったのですが、収入も良くなく低いスペックでモテないフツメンにしてはそこそこ頑張っている数じゃないでしょうか。

活動始めたてで手当たり次第に合コンや街コンばかり参加していた頃を思い出してみると、それだけの回数出会いの場に繰り出していたのにもかかわらず、1年間でデートにまで辿り着くのはせいぜい3、4人という体たらくでした

典型的なモテない奴ですね(笑)

今でも別にトークスキルがそれほど上がったわけでもなく、本人のルックスやスペックが改善されたわけでもなく平凡なままなんですが、色々気をつけてみていることは増えたと思います。

中には何度も会ってる人もいるわけですが、私のスケジュールとしてはなかなかきつかったですし、同じ日に2人と会ったり3日連続で別の人と会っていると流石に体力的にもしんどくなってきていたのでこのペースが限界かなと思いますね。(ただ、上手いこと立ち回れる人はもっといるとは思いますね。)

とはいえ、やはりアプリに初めて会員登録して活動始めた頃は出会えなかったので、コツや感覚が掴めてくるまでは時間がかかってしまいました。

ですので、登録したての初心者でもマッチングアプリを最大限に活用できるよう、本記事では基本的な行動の仕方と意識の持ち方の主要なポイントを4点用意したので、下記にて確認いただければと思います。

 

実践すべきポイント4項目

ポイント❶候補となる母数(=マッチング後やり取りを始めた人数)を最大限増やす

 

出会う人数を増やすことをメインの話にしているのでマッチング人数を増やすのは当たり前の話ではありますよね。

ただ、それ以上に重要な理由があると考えられます。それは、恋活する上での心理•考え方として必要なのが好意と関心を分散させることだからです。

特定の1人を気に入り偏って相手をしていると上手く行かなかった場合のダメージが大きくなります。

マッチングした相手の何割かは消えていくのが当たり前という前提で考えると、少し多いぐらいが丁度良くて常に7.8人の候補者がいる状態を作っておくことが精神的に良好かなと思ったりします(ここは恐らく、人によって増減します)。

アプリを同時に複数種類やってみるのもオススメだと思います。

1つのアプリで一時的に苦戦していたとしても(全然マッチングしない等)別のアプリでカバーできるからです。私も実際、2〜3つのアプリを同時に使ったりしました!

また、失敗したくない緊張感みたいなものがストレスになったり、店までの道を間違える等ミスを呼び込むということも起きます。

気持ちの余裕というか、

「どんだけやらかして失敗してもいいや」

「今日思ってたような人が来なくてもなんてことないや」

…と思えれば長期的な目線で行動できているということだと思いますし、沢山の人と話をする環境にいても精神的に健康な状態で過ごせるはずです。

デートでの失敗によるストレスというのはやる気の減退に繋がってしまうので、とにかく握っているカードを多くする意識を持ちましょう。持っているカードが少ないとイライラ感も生みますし、仲が良い相手がいないことで暴走してしまうとろくなことになりません。

そういうイライラしている時に限って全然マッチングしなかったりして課金していいねのポイント浪費…になってしまうこともあります。

例えば200人にいいねボタン押すために課金しようとしたとしますが、そういう先行投資もそれなりに重要だと思うものの、ただヤケを起こし必要な改善もしないで無駄に金を使ってしまうというのは意味がないですよね。

マッチング率を上げるための参考記事も用意していますので、是非こちらもチェックしてみて下さい。

www.bonboned.work

ポイント❷1人当たりにかける時間を最小化する

❶を実践していくためには、1人に対して費やす時間やコストは出来る限り少なくするべきだと思います。

少ない限られた時間内でやり取りをするには自分なりのメッセージのテンプレ化は必須だと思います。

まだ会ってもない人に対して送るメッセージをそこまで深く考えていると時間がいくらあっても足りませんし、すぐに面倒になったりイライラすることになります。

よって、ある程度この段階まで行ったらこの話題を出す、みたいな風に決めておくと人数が増えてきた時に楽にメッセージができますよ。

連絡頻度も1日に何通も集中させる必要はなく、女性側もそこまで返信が早い人は多くないので気楽に考えていいと感じます。

とは言え最低でも1日1回の連絡ペースは保持すべきでしょう

丸一日以上経過するとかなり高い確率で途切れてしまいますからね。(後回しにされてる感が出てしまいますしね。)

ちなみに仕事の話を深掘りしていくことはあまり効果的でもありませんし、メッセージ内は当たり障りがない話で問題ありません。

オススメすることとしては、アプリやLINE内で話すことと、直に会って相手と話す時のためのネタも予め分けておくと良いと思います。

特に期待値の低い人であれば自分がよく行き慣れている店を選びそこで会う等、パターン化をしてしまうことで時間と労力を極力かけないようにします。

型にはめてトークを進めていければ同時に複数並行することもたいして難しくはありません。

また、初めて会う時は女性も警戒心は絶対にあるはずなので、そういう誤解を避けるためにも比較的短い時間内で1度目のデートは終わらせるべきであり、自身の活動が楽にもなります。無理に一緒に長い時間過ごす必要はなくて、相手がもう今日終わり?と思うぐらいで構わないです。

初回は本当にどんな人が来るかお互いわからないわけですので、片方が相手の見た目や仕草に嫌悪感を抱いてしまった場合はだいたいが両者共に「今日はダメな日だったな」と思うことになりがちですが、最初から短い時間しか会わない前提であれば早くに打ち切りやすく、相手に対する罪悪感も少なくて済みます。

一緒に遠くまで出掛けたりするのは二回目以降で充分でしょう。

初回は本当に適当に計画してサッサと終わらせて帰っちゃいましょう。(特に日曜日なんかは早めに帰宅して翌日に備えるべきですしね。)

とは言え、コストを最小化すべきなのはアプリやLINEでのメッセージを含め1回目に会うまでの話です。

気に入った相手ができればその人に対して費やす時間やお金、労力は惜しまずにいた方がいいでしょう。

 

ポイント❸脈無し•不要となった相手は切り捨てる

脈無しだとわかった人や、恋人や結婚相手とは考えづらくなった人は迷わず切るべきです。

まだ少し話をしてみたいなぁと思える人なら様子見を続けていていいでしょうが、ダメだこいつとなったら即座にコンタクトを取ることをやめましょう。

母数を増やしている分、例えば1人や2人消えたとしても何の問題もないとする思考ができるようになっているはずです。

返事を返す気がない人についてイライラしたりしても無駄ですし、いつまでも会おうとしない人は本当に会えないものなので、そうなったら別の人のために何をできるか考えてあげたり時間を費やした方が良いのは当然ではありますよね。

常に不要なものはカットしつつも好機が訪れたタイミングを逃さず、尚且つ冷静に関係を進める。それが出来ればコストを抑えつつ色んな人と会うことも可能だと思いますし、合った相手を見極めることになると思います。

 

ポイント❹焦りを抑え、長期的目線と余裕を持つ

たまに自分にとって最上級に気に入った見た目の人とマッチングしたりだとか実際に会える流れになったりすると思います。そういう時に変にテンションを上げてしまうということは結構あったりすると思いますが、そういう現象はあまりよろしくないです。

何故かといえば変に緊張感を自分に与えてしまったりだとか、浮き足立ってメッセージでよくわからない返事をしてしまったりだとか、余計なことをしてしまう結果に繋がりがちです。

例えば野球のようなスポーツでありますよね、記録がかかった場面。妙に色気が出て力が入りすぎ失敗するようなシーンを見たことがあるんじゃないでしょうか。個人的には、あれに近い気がします。

実際に会ってからも同様で、焦ることによってつまらないミスをしたり、反感を買うような発言を誤ってしてしまう…ということがないようにしていきたいですよね。

このように焦りは禁物ですし、比較的長い時間かけて攻略していく意識は忘れないようにしましょう。

そういう意味では、直に会った時色々と気をつけなければならないことが頭に浮かんできますね。例えば…

  • ホテルにいきなり誘ったりする
  • 触ろうとしたりと距離を縮め過ぎる行為
  • ボディタッチ
  • 触りたい等セクハラまがいの発言

これらは当たり前ながら不快感を与えるので絶対ダメです。普通にそういう行動に出る人がいるっていうんですから困りものですね。他の男性利用者にとっても不利益を生むのでやめましょう。

あとは自分の行動について失敗と改善を繰り返す作業をしっかりと行って、それを積み重ねていく地道な努力も欠かせないですね。前の失敗を繰り返さず、反省する。それはプロフの設定やメッセージ、デート中の行動を都度見直すということでもあります(欲望ばかりにとらわれてコツコツ見直しをしないと成長もなく成果は得られないですね)。これらを時間かけてでも実践することが最終的な成果に近づくことに繋がっていくと思いますね。多分、どんな分野でもそうじゃないかという話ですね。

 

今回は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

【マッチングアプリ】2回目、3回目に繋げるため必要なこと【デート】

f:id:pobonde:20200516211423p:image

アプリで知り合い初めて会う段階をクリアしたとしても、状況としてはまだ入り口に入ったというだけです。

デート2回目や、3回目に繋げていくにはそれなりの頑張りが必要なものですが、今回は私の数々の失敗談をベースとした「こうしたら成功率上げられるよ!」というお話をさせていただきます。

余計な失敗を回避するために是非今回の記事もチェックしていって下さい。

初回は好印象を残すことに全力を注ぐ

実物に会ったことがない以上は、相手は自分と会うのを内心不安に思って待ち合わせ場所に来るはずです。

横暴な人じゃないかな、気持ち悪い人じゃないかな、身体目的や軽い遊びじゃないかな、本物が写真と全然違わないかな…と色んなことを考えることでしょう。

簡単に言えば、最初の印象で「この人ないわー。」と感じられないように立ち振る舞い、次に繋げていかなければなりません。

他の記事でも述べていますが、相手は以下のような点を気にしているものです。

  1. ちゃんと真剣な活動をしている人か
  2. 一緒に過ごして楽しかったか嫌だったか
  3. 相手のイメージ通りの人物であるか

初デートではこういうポイントを満たせるように意識すべきです。

とは言え、難しく考え過ぎる必要はありません。

基本的にはサクッと会ってアッサリ終わるだけでOKです。

少しだけ話は逸れますが、初回のデート中か後が敬語を外しても問題ない1つのタイミングと言えます。

勿論相手に外していいかを確認すべきですが、違和感なく距離感を少し縮めるには良いと思いますのでオススメです。

デートを終えたらすぐに次回の提案をする

今後も相手に会う気があるかを確かめるためにも、なるべく早い段階で次に会えるのはいつかを訊いてみるべきです。

ベストなのは、会った日の帰り道か、帰宅してすぐのタイミングでお礼のメッセージと共に次も会いたい旨を伝えることでしょう。

脈アリなのかナシだと思われたかを判断するのは早い方が良いので、この時点でさりげなく「また会いたいです」等と送ってみましょう。

もし相手が自分に好印象を抱いてくれたなら向こうからお礼のメッセージが来る可能性も高いので、その際は尚更すぐに次回の提案をしていきましょう。

返信がなければいつものように、即座に切り捨てて他をあたれば良いのです。

これは個人的にはあまり勧められませんが、デート中に次回の提案をするのもアリはアリですね。

ただし脈ナシだった場合には微妙な反応や冷たいリアクションが返ってくるのを直接感じることになるので、精神的にはあまりよろしくないかもしれません。

 

また、会った後のお礼メールで女性のルックスを褒める人もいると思いますが、基本的に悪手です。

付き合ってもないのに見た目の良さを褒めてもプラスにはならないですし、逆にイラッとさせてしまうことすらあります。

ただし女性の行動で良い所があればそこについて軽くコメントするならアリです。もし褒めたいなら行動や考え方を優先的に褒めてあげて下さい。

移動時間が長い内容はNG

f:id:pobonde:20200516225138j:image

2回目、3回目のデートであれば初回に比べれば長い時間一緒にいることは問題ないわけですが、そこで長時間の移動が発生するデートを選ぶのはあまりオススメできません

自分で車を運転する場合だろうが、電車やバスを利用しての移動であろうが、目的地にたどり着くまでに片道1時間以上かかってしまう内容にすると思わぬ落とし穴にはまりかねないです。

まずよくあるのは話のネタが尽きやすくなることでしょう。

相手に楽しんでもらうためには色んなネタを用意してあげることが必要になると考えられますが、移動時間は最もネタが生まれにくいんですよね。

ネタが豊富ならまだ良いでしょうが、往復で2時間以上もの間話を振り続けられる引き出しがある人なら本記事を読む必要なんてほぼないでしょうから(笑)

話題がなくてつまらない時間を送るとマイナスが大きいので、やはり移動は少ないに越したことはないのです。

また、移動が長くなると普段の仕事の疲れが出てしまうこともあるはずです。

例えば帰り道のバスや電車の中でコックリと眠りこけてしまうというパターンです。

相手も同じように寝てしまったなら別に良いでしょうが、片方だけが眠ってしまうと楽しさが半減ですよね。

相手にもそうですが、自分も疲れてしまわないようにプランを考えていくべきです。

状況判断で大きなミスをするのも減点

前の項目とも重複する部分はありますが、状況を適切に判断できないことが大きな失敗となり得ます。

例えば、当日悪天候が予想されるのに、ちょっと無茶なアウトドアな内容を提案したりすることが考えられますね。

または今のように新型コロナウィルス感染のリスクがある中で無理に会おうとするような行動を取ってしまうこと、というのも一例として挙げられます。

他にも、まだ付き合ってもないのにカップルのようなことをさせるというのもNG例としてありそうです。

相手のことを気遣ってあげるなら時期や日にちをずらしたり、意見を出してもらったりと、相手に負担のないやり方を選ぶべきでしょう。

自分の都合を優先して相手を気遣えない提案をするのは印象を非常に悪くしますし、折角のチャンスも棒に振ってしまいます

ただこういうことは、ごく普通の当たり前の話と言えますよね。

【告白】関係を進めるベストタイミングとは?

アプリを駆使して色んな女性と直接会って聞いた話を総合してみると、やはり3回目が最適であり、遅くても5回目のデートで告白!というのが一定の基準と言うことができるようです。

それでもなお何も起きないというのは、女性からすれば自分に興味がないのだなと判定されてしまいます。

実体験でも、告白までに時間をかけ過ぎたパターンは結局失敗に終わっています

返事をもらうのは焦らずじっくり待てばいいですし、その間も会ったりはできると思いますので、早めに好意は伝えておいた方が後悔もなくて良いと言えますね。

 

今回はこれにて終了です。最後まで読んでいただきありがとうございました!