ぽぼンデブログ

体験談を元に、心の病から立ち直る方法や恋活成功のための情報提供を目指すサイトです。

 
ーおすすめ記事ー

学生は何のために勉強するのか


スポンサードリンク

端的に言えば、学生が学業に励まなければならないのは将来のためですね。

 

理由は2つはあると考えられます。

 

1つ目は、有名大学進学によって優良企業への挑戦権が与えられること。2つ目は社会人として活躍するために必要な最低限のスキルを鍛えるため。

以上の点に集約されるものだと思っています。

 

いずれの理由でも共通して言えることは、学生の勉強は普通であれば、いずれ社会人となってバリバリ稼いでいくためには通らねばならない道という話です。

 

勿論、例外はありますけどね。

 

例えばですが、「◯◯関数とかいつ使うんだよ!」などと言ってその学問の意義を問い始めることがありますね。

 

でも大事なのはそれそのものを学ぶこと自体にあるわけでもなく、様々な事柄を理解して適切な手段を選択するための基礎を築く練習になるからなんですよね。

 

まともに勉強をしてこなかった人は論理的思考ができず、薄っぺらい思考力でしか行動できなくなってしまいます。

 

例を挙げれば、与えられた仕事が短期的に良くできたとして、リーダー格の立場になった時に最も苦労すると私は感じています。

 

少しでも難しい物事について問われたらもうアウト、何を答えれば最適かを考えられず曖昧な返答に終始します。

 

そういった痴態を晒す羽目にならないためには、客観的に自分(達)がすべきことを判断できる思考が最低限求められてきます。

 

物事の道理とでも言うのでしょうか、それを自然に理解できる能力を有していなければ恥をかくことになりますし、信頼を得られません。

 

極端な話かもしれませんが、学業を疎かに狭い世界で育った人間は下手をすれば、物事の善悪すら認識できずに生きていくことになるやもしれません。

 

また、文章を理解し要点を掴む力や相手に伝えるべきことを文章に盛り込む力というものも、当然不可欠になるものです。 

 

自分の下につく者達からは常に上司としての能力を見定められています。

 

彼らに小馬鹿にされる仕事ぶりしかできないようであればその組織は弱く脆いものにしかならないでしょうね。

 

結局人生における勝利をもぎ取るためには、一般的にある程度の学力が必須となるわけですね。それが最低条件でもあるとも言えると思います。

 

勉学に費やした意味は後々出てきます。歳を取ってから過去を振り返ってしなかった後悔をしていても意味はありません。成功を掴むために、10代の内は学業に注力しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村