ぽぼンデブログ

体験談を元に、心の病から立ち直る方法や恋活成功のための情報提供を目指すサイトです。

 
ーおすすめ記事ー

【過ごし方】大学生活のNGパターン【失敗経験】


スポンサードリンク

大学入学後、しばらくの時間が経過した時にふと「こんなんでいいのか?」ということがないでしょうか。

人によると思いますが、今に疑問を感じながら生活しているってことも少なからずあると思うんですよね。

(私の時は、漠然とした不安を抱えながらも流されながら日々を送っていました。)

ということで今回は、学生の頃にありがちな失敗例をピックアップしてみました。

 

①アルバイト漬け生活

 

②惰眠を貪る

 

③属さない

 

④恋愛活動をしない

 

⑤単位に関して無計画

 

 

 

①アルバイト漬け生活=貴重な時間の浪費

例えばアルバイト週4以上で入ってたりするパターンですね。頻繁にシフトに組み込まれて大学とバイト先の往復みたいな。

アルバイトの経験なんて就活でも社会人になってもほぼ評価されません

ちなみに、大学生なんて4年も時間あるだろ!だなんて考えてると一瞬で終わります。

もし親御さんが「あんたバイトぐらいしたら?」みたいなことを言っていたとしたらナンセンスな話ですし、それなら他の事柄に挑戦すべきです。
ただ、明確な目的も計画性もなくダラダラとバイト生活を送ることに疑問を感じるだけであって、自己実現のために不可欠な過程であるならばそれは間違いなく貴方がやっていく価値があるでしょう。

 

②惰眠を貪る=破滅を呼ぶ行為

学生時代は少し先の未来に焦点を当てて自分を育てる期間です。卒業後働いていくために必要な経験を溜めるための時間と言っても過言ではないでしょう。暇だからと寝ては遊んでを繰り返しているのは当たり前ながらお金と時間の無駄です。両親に土下座です。

 

③属さない=社会不適合者への入り口

サークルにもゼミにも部活動にも入らずマイペースに生活していると、集団行動ができなくなる傾向にあります。1人が気楽だからという感じで動いていると、周囲を見て行動することができず、いずれ社会に出て就く仕事において仲間と協調することができません。最低限集団で過ごし失敗と改善を繰り返しておかないと、いい大人なのに幼稚な思考しかできなくなったりするので注意ですね。

 

④恋愛活動をしない=卒業してから後悔する

社会人になったら出会いが激減します。様々な手段によってそこをクリアしていくことは確かにできますが、学生の頃の恋愛をしていないのは色んな意味で勿体ない話です。

(私もそのあたり疎かにしていたというか逃げていたので後々後悔しました。)

学生の時には恥ずかしい失敗を連発しても大丈夫です。むしろ失敗を繰り返しておくべきかもしれません。それらの積み重ねはいずれ生きてくると思いますし、色んな異性と話をする機会を作っておくと仕事でも意味を持ってきます。

誰かさんのように逃げているのが一番の失敗ですね。

 

⑤単位に関して無計画=全てを壊す時限爆弾

就職活動を成功させたとしても、卒業できなければ意味がありません。これまた当たり前ですね。友人はここを疎かにしてある大企業からの内定を無駄にしました。イケると思った単位を逃すなんて結構ある話です。入学したら早いうちから講義を詰め込み、単位を取っていきましょう。まだ◯年あるだのと気を抜いていると後々焦りを産み苦労しますし、人生の失敗にも繋がります。

 

以上、大学生の失敗パターン5項目でした。

充実した20代を生きていくために、つまらないNGパターンを回避して成功に繋げていってほしいですね。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村