ぽぼンデブログ

体験談を元に、心の病から立ち直る方法や恋活成功のための情報提供を目指すサイトです。

 
ーおすすめ記事ー

【モテない】ダメメンでも4ヶ月間で14人ペースで会う方法【諦めた】


スポンサードリンク

f:id:pobonde:20200229141239p:image

マッチングアプリを使ってみると、大多数の人は色々試してみて要領がわかれば出会いを増やすことができるはずです。

しかし慣れないまま始めてもそれまでに時間がかかってしまうので、今回の内容を読みアプリを早い段階から有効に使っていきましょう。

 

はじめに

 

タイトルで申し上げている人数の14人ですが、本記事のやり方を実践することでマッチングアプリへの有料会員登録の再登録を新規で行ってから4ヶ月の間で新しく私が会うまでに至った人数です。

複数回会って遊んだ人達もいるのでほとんどの土日は予定が埋まる形になっていました。相手側についてはなんでもござれで探していたわけでもなく、直にお会いして実物を見ても良い方のルックスをしていている人が多かったのですが、収入も良くなく低いスペックでモテないフツメンにしてはそこそこ頑張っている数じゃないでしょうか。

活動始めたてで手当たり次第に合コンや街コンばかり参加していた頃を思い出してみると、それだけの回数出会いの場に繰り出していたのにもかかわらず、1年間でデートにまで辿り着くのはせいぜい3、4人という体たらくでした

典型的なモテない奴ですね(笑)

今でも別にトークスキルがそれほど上がったわけでもなく、本人のルックスやスペックが改善されたわけでもなく平凡なままなんですが、色々気をつけてみていることは増えたと思います。

中には何度も会ってる人もいるわけですが、私のスケジュールとしてはなかなかきつかったですし、同じ日に2人と会ったり3日連続で別の人と会っていると流石に体力的にもしんどくなってきていたのでこのペースが限界かなと思いますね。(ただ、上手いこと立ち回れる人はもっといるとは思いますね。)

とはいえ、やはりアプリに初めて会員登録して活動始めた頃は出会えなかったので、コツや感覚が掴めてくるまでは時間がかかってしまいました。

ですので、登録したての初心者でもマッチングアプリを最大限に活用できるよう、本記事では基本的な行動の仕方と意識の持ち方の主要なポイントを4点用意したので、下記にて確認いただければと思います。

 

実践すべきポイント4項目

ポイント❶候補となる母数(=マッチング後やり取りを始めた人数)を最大限増やす

 

出会う人数を増やすことをメインの話にしているのでマッチング人数を増やすのは当たり前の話ではありますよね。

ただ、それ以上に重要な理由があると考えられます。それは、恋活する上での心理•考え方として必要なのが好意と関心を分散させることだからです。

特定の1人を気に入り偏って相手をしていると上手く行かなかった場合のダメージが大きくなります。

マッチングした相手の何割かは消えていくのが当たり前という前提で考えると、少し多いぐらいが丁度良くて常に7.8人の候補者がいる状態を作っておくことが精神的に良好かなと思ったりします(ここは恐らく、人によって増減します)。

アプリを同時に複数種類やってみるのもオススメだと思います。

1つのアプリで一時的に苦戦していたとしても(全然マッチングしない等)別のアプリでカバーできるからです。私も実際、2〜3つのアプリを同時に使ったりしました!

また、失敗したくない緊張感みたいなものがストレスになったり、店までの道を間違える等ミスを呼び込むということも起きます。

気持ちの余裕というか、

「どんだけやらかして失敗してもいいや」

「今日思ってたような人が来なくてもなんてことないや」

…と思えれば長期的な目線で行動できているということだと思いますし、沢山の人と話をする環境にいても精神的に健康な状態で過ごせるはずです。

デートでの失敗によるストレスというのはやる気の減退に繋がってしまうので、とにかく握っているカードを多くする意識を持ちましょう。持っているカードが少ないとイライラ感も生みますし、仲が良い相手がいないことで暴走してしまうとろくなことになりません。

そういうイライラしている時に限って全然マッチングしなかったりして課金していいねのポイント浪費…になってしまうこともあります。

例えば200人にいいねボタン押すために課金しようとしたとしますが、そういう先行投資もそれなりに重要だと思うものの、ただヤケを起こし必要な改善もしないで無駄に金を使ってしまうというのは意味がないですよね。

マッチング率を上げるための参考記事も用意していますので、是非こちらもチェックしてみて下さい。

www.bonboned.work

ポイント❷1人当たりにかける時間を最小化する

❶を実践していくためには、1人に対して費やす時間やコストは出来る限り少なくするべきだと思います。

少ない限られた時間内でやり取りをするには自分なりのメッセージのテンプレ化は必須だと思います。

まだ会ってもない人に対して送るメッセージをそこまで深く考えていると時間がいくらあっても足りませんし、すぐに面倒になったりイライラすることになります。

よって、ある程度この段階まで行ったらこの話題を出す、みたいな風に決めておくと人数が増えてきた時に楽にメッセージができますよ。

連絡頻度も1日に何通も集中させる必要はなく、女性側もそこまで返信が早い人は多くないので気楽に考えていいと感じます。

とは言え最低でも1日1回の連絡ペースは保持すべきでしょう

丸一日以上経過するとかなり高い確率で途切れてしまいますからね。(後回しにされてる感が出てしまいますしね。)

ちなみに仕事の話を深掘りしていくことはあまり効果的でもありませんし、メッセージ内は当たり障りがない話で問題ありません。

オススメすることとしては、アプリやLINE内で話すことと、直に会って相手と話す時のためのネタも予め分けておくと良いと思います。

特に期待値の低い人であれば自分がよく行き慣れている店を選びそこで会う等、パターン化をしてしまうことで時間と労力を極力かけないようにします。

型にはめてトークを進めていければ同時に複数並行することもたいして難しくはありません。

また、初めて会う時は女性も警戒心は絶対にあるはずなので、そういう誤解を避けるためにも比較的短い時間内で1度目のデートは終わらせるべきであり、自身の活動が楽にもなります。無理に一緒に長い時間過ごす必要はなくて、相手がもう今日終わり?と思うぐらいで構わないです。

初回は本当にどんな人が来るかお互いわからないわけですので、片方が相手の見た目や仕草に嫌悪感を抱いてしまった場合はだいたいが両者共に「今日はダメな日だったな」と思うことになりがちですが、最初から短い時間しか会わない前提であれば早くに打ち切りやすく、相手に対する罪悪感も少なくて済みます。

一緒に遠くまで出掛けたりするのは二回目以降で充分でしょう。

初回は本当に適当に計画してサッサと終わらせて帰っちゃいましょう。(特に日曜日なんかは早めに帰宅して翌日に備えるべきですしね。)

とは言え、コストを最小化すべきなのはアプリやLINEでのメッセージを含め1回目に会うまでの話です。

気に入った相手ができればその人に対して費やす時間やお金、労力は惜しまずにいた方がいいでしょう。

 

ポイント❸脈無し•不要となった相手は切り捨てる

脈無しだとわかった人や、恋人や結婚相手とは考えづらくなった人は迷わず切るべきです。

まだ少し話をしてみたいなぁと思える人なら様子見を続けていていいでしょうが、ダメだこいつとなったら即座にコンタクトを取ることをやめましょう。

母数を増やしている分、例えば1人や2人消えたとしても何の問題もないとする思考ができるようになっているはずです。

返事を返す気がない人についてイライラしたりしても無駄ですし、いつまでも会おうとしない人は本当に会えないものなので、そうなったら別の人のために何をできるか考えてあげたり時間を費やした方が良いのは当然ではありますよね。

常に不要なものはカットしつつも好機が訪れたタイミングを逃さず、尚且つ冷静に関係を進める。それが出来ればコストを抑えつつ色んな人と会うことも可能だと思いますし、合った相手を見極めることになると思います。

 

ポイント❹焦りを抑え、長期的目線と余裕を持つ

たまに自分にとって最上級に気に入った見た目の人とマッチングしたりだとか実際に会える流れになったりすると思います。そういう時に変にテンションを上げてしまうということは結構あったりすると思いますが、そういう現象はあまりよろしくないです。

何故かといえば変に緊張感を自分に与えてしまったりだとか、浮き足立ってメッセージでよくわからない返事をしてしまったりだとか、余計なことをしてしまう結果に繋がりがちです。

例えば野球のようなスポーツでありますよね、記録がかかった場面。妙に色気が出て力が入りすぎ失敗するようなシーンを見たことがあるんじゃないでしょうか。個人的には、あれに近い気がします。

実際に会ってからも同様で、焦ることによってつまらないミスをしたり、反感を買うような発言を誤ってしてしまう…ということがないようにしていきたいですよね。

このように焦りは禁物ですし、比較的長い時間かけて攻略していく意識は忘れないようにしましょう。

そういう意味では、直に会った時色々と気をつけなければならないことが頭に浮かんできますね。例えば…

  • ホテルにいきなり誘ったりする
  • 触ろうとしたりと距離を縮め過ぎる行為
  • ボディタッチ
  • 触りたい等セクハラまがいの発言

これらは当たり前ながら不快感を与えるので絶対ダメです。普通にそういう行動に出る人がいるっていうんですから困りものですね。他の男性利用者にとっても不利益を生むのでやめましょう。

あとは自分の行動について失敗と改善を繰り返す作業をしっかりと行って、それを積み重ねていく地道な努力も欠かせないですね。前の失敗を繰り返さず、反省する。それはプロフの設定やメッセージ、デート中の行動を都度見直すということでもあります(欲望ばかりにとらわれてコツコツ見直しをしないと成長もなく成果は得られないですね)。これらを時間かけてでも実践することが最終的な成果に近づくことに繋がっていくと思いますね。多分、どんな分野でもそうじゃないかという話ですね。

 

今回は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村